プラネット【闇金の口コミ評判】手口から被害相談まで

プラネットという金融サイトは闇金業者であることがわかりました。

正規金融業者の貸金サイトに見えますが、貸金業登録を行っていない無登録の違法サイトです。

※以下はプラネットのスマホサイトですが、同じ名前を名乗って別のサイトデザインでも運営していることがよくあります。ここで紹介しているサイトデザインと異なっていても十分に注意してください。
そもそも、プラネットという正規の貸金業者は現在存在しません。
プラネットの闇金サイト

会社名
プラネット
住所
東京都港区赤坂3-16-5

本来、貸金業を営むには本社所在地を管轄する財務局長または都道府県知事からの許可を得て、貸金業登録をすることが義務付けられています。登録業者の情報は金融庁のデータベースで確認することができます。

しかし、金融庁のデータベースで登録貸金業者情報検索をしても「プラネット」という貸金業者は出てきません。正規業者であれば必ず出てきます。

登録貸金業者情報検索結果

この検索結果だけで違法金融の闇金確定です。無登録業者が貸金業を営むのは法律違反です。

プラネットのサイト内には貸金業法で【安易な借り入れを助長もしくは過度に強調するもの】として使用禁止されている違法な表現をいっぱい使って、審査が甘い消費者金融以上に融資をしてくれそうな事がたくさん書かれてます。

貸付条件の表記はなく融資実態もありません。お金や銀行口座、スマートフォンを騙し取るヤミ金融詐欺の被害に巻き込まれるだけです。

闇金プラネットに申し込んでしまった場合

もし、プラネットが闇金融業者と知らずに間違って【名前・生年月日・住所・電話番号・勤務先情報】等の個人情報を教えてしまい、関りを持ってしまった場合は今すぐに闇金に強い司法書士に無料相談するしかありません。

プラネットに個人情報を送ってしまっていたり、電話で教えてしまった状態で放っておくのは危険です。被害に巻き込まれる前に司法書士に相談しておきましょう。

既に、嫌がらせ行為や違法な取り立て行為の被害に遭っている場合は尚更、相談してください。

無料相談では闇金への対応や、司法書士の先生への依頼タイミングなど無料で丁寧に教えてくれます。

家族や職場にもバレずに闇金問題を解決するには早期相談、早期解決するしかありません。

警察に相談する場合は「警察に相談しただろ!?」と逆上して被害が拡大することもよくあるので気をつけてください。被害未然で被害届が受理されない場合もあります。

また、闇金問題に不慣れな弁護士や司法書士事務所だと交渉が決裂して被害が拡大することもあるので注意してください。そもそも債務整理の受け付けはしていても闇金問題は受け付けていない事務所がほとんどです。

闇金からの被害例

融資を断っても押し貸しをしてきて、その後は違法金利での取り立てや脅迫、迷惑行為をしてきます。他にも携帯電話を購入させて「買い取る」や「携帯スマホの購入での審査で信用情報を書きかえる」と言ってスマホをだまし取られたり、「銀行口座を担保に融資する」や「銀行口座に直接お預け入れで融資する」などと言って口座を騙し取る悪質な闇金詐欺集団です。

これらを全て断っても「キャンセル費がかかる」や「審査料を払え!」などの言いがかりをつけてお金を請求してきます。会社にまで電話を掛けてきて「融資の相談があった」などとしつこく電話してきます。たくさんの番号から勤務先に一斉に嫌がらせの電話を掛けてきて社内全体で闇金対応に追われますよ。

闇金融業者がお金を貸してくれて、取り立ても厳しくない、返済もちゃんとさせてくれるなんてのは映画やドラマの世界で現実世界ではありえません。

こうした闇金は、正規の貸金業登録をしている貸金業者の商号や登録番号を完全コピーしたり、銀行やカードローンなど金融商品の名前を使った屋号を悪用して、奇麗なホームページと丁寧な電話対応で信用させて騙そうとしています。

お金を借りる時には、プラネットという違法金融業者ではなく、法定金利で貸してくれる正規登録されていて安心できる優良消費者金融やカードローン会社に融資依頼をしましょう!

【厳選】ブラックでも借りれる中小消費者金融一覧

金融ブラックでも審査が通りやすい、全国対応の優良金融会社をまとめました。よければ参考にしてください。

※同じ闇金業者がワイドという新たな闇金サイトを運営しています。

消費者金融からは借りれない方の最終手段!

消費者金融から借りれなくなると、プラネットのような闇金に手を出す方が非常に多いですが絶対に利用してはいけません!

ここで紹介するのは、無審査で即日融資が可能なのにもかかわらず闇金ではないサービスです。ぜひ参考にしてください。

そのサービスとは、給料ファクタリングという方法となります。給料ファクタリングは簡単に言うと給料の前借ができるというシステムです。

債権(受け取る予定の給料)をファクタリング専門業者に買い取りしてもらい、買い取る給料の金額から手数料を引いた金額が手に入ります。

利用するために必要なのは「顔写真付きの身分証明書」「保険証」「給料明細」のたった3点だけです。

このサービスは個人向けファクタリングと別の呼び方をすることもあります。

利用条件はたった1つ【仕事をしている】ことだけです。

これだけで借金をすることなく現金を調達することができます。

プラネットのような闇金に手を出さずしてお金を作ることができるんです!

個人向けファクタリングのメリット

プラネットのような闇金に比べるとはるかに低リスクですから、ブラックで闇金から借りるしかないところまで追いつめられている方はこちらのサービスを利用する方がはるかに安全です。

また、継続的に利用すると破綻する可能性がありますが、どうしてもお金が必要なときに利用するだけであればそれほどのリスクはありません。

よく誤解されていますが、ファクタリングは借金ではありません。あくまで給料という債権を専門業者に買取してもらうという仕組みです。

借金ではなく買取サービスと考えましょう。

完全に審査がないわけではなく、「顔写真付きの身分証明書」「保険証」「給料明細」の3点の書類のチェックは行われます。

逆に言えばこれらの書類をきちんと用意できていて、怪しいところがなければ基本的には審査に通ります。

信用情報のチェックはされないのでブラックでも一切影響しません。

個人向けファクタリングのデメリット

給料を債権とみなして、その債権を専門業者へ売却することで現金を得るという方法です。「そんなおいしいサービスがあるならだれも消費者金融を利用しなくなる」と考えるのではないでしょうか。

実は世の中そんなに甘くはなく、大きなデメリットも存在します。

消費者金融は、借入総額「年収等の3分の1」まで借りることができ、場合によっては1度に1ヶ月の給料以上の金額を借りることもあるでしょう。

しかし給料ファクタリングは翌月の給料以上の金額を作ることはできません。あくまでも債権買取なので給料の範囲内になります。

そして最大のデメリットは、高額な手数料です。

給料ファクタリングの手数料の相場は業者によって多少の差があるものの、だいたい15%~20%程度です。

給料は翌月にもらえるものですから、1か月前借をするだけでこれだけの手数料がかかるということに注意しましょう。

仮に手数料が20%であると仮定して、「20%×12カ月=240%」ですから、年利に計算しなおすと年240%です。消費者金融よりははるかに高い手数料がかかります。

プラネットのような闇金に比べると利息は安いですし、法律を守っているという安心感はあります。

借金返済でお困りの方。※既に年収の3分の1に近い借金がある方は必読

借金返済ができなくて新たな借入れ先を探している際に闇金のプラネットにたどり着いた方もおられると思います。

闇金に手を出してしまうと闇金地獄。

万が一、消費者金融から借りれたとしても、その場しのぎにしかならず借金が雪だるま式に増えていく一方です。

でも、「これ以上、信用情報機関の名前を汚したくない」や「債務整理はしたくない」という気持ちはわかります。

その場合、新たに借入先を増やすのではなく借金をまとめることを勧めます。

おまとめローン・借り換えローンです。

一社でまとめて、毎月の返済額を軽減しませんか?

借り換えの場合は「年収等の3分の1」を超える融資であっても、総量規制の例外として貸金業法で認められています。

中央リテールは、おまとめローンを専門とする金融会社です。

◆特徴

  • 返済額が軽減
  • 審査まで最短2時間
  • ご融資まで最短1日
  • ご相談窓口の担当者は全員国家資格取得者だから安心

これまでの実績と経験を基に、最適な返済プランを一緒に考えてくれます。
計画的に返済ができますよ。

一度、相談してみてください。

中央リテールで借り換えができない場合は、債務整理を勧めます。

くれぐれもプラネットには絶対に手を出さないようにしてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする